5284ebeb-b9f3-4388-88c4-5dfe9297008a_resized

1: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)01:08:13 ID:rBQ
自分語りなのでサゲるわ暇なやつきいてけ

4: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)01:10:30 ID:rBQ
俺は粗チンだ
MAX8センチちょいでマジで小さい
普段は膨らませるまえの水風船みたいのがぴょろっと股間についてる程度






7: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)01:14:51 ID:rBQ
それに気がついたのは中学上がってすぐのことだった
下ネタまじりでしゃべっててたまたまそういう話になって
俺が明らかに小さいんじゃないかという話になった


その場は冗談ということにしたけど、俺は何となく気になって、しっかり測ってみることにした


6センチ
それが俺のちんこの大きさだった

10: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)01:18:13 ID:rBQ
標準は14センチ
その事実にどうしようもなく不安になった

どんなに頑張っても、俺のちんこはその半分もなかったからだ
それから俺は下ネタが大嫌いになった。

11: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)01:21:14 ID:rBQ
時は過ぎて中学二年生
俺のちんこが小さいという話は、ネタともマジともつかない微妙なラインでぽつぽつと噂され続けていた

俺はできるだけその話題に触れないようにしていたけれど、その事がもしかしたら周りの興味を誘っていたかもしれないと思う

12: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)01:25:40 ID:rBQ
転機は中学の修学旅行で訪れた

みんな知ってるとおり修学旅行だとみんなまとめて大浴場に行くことがあると思うんだけど
俺はちんこ見られたくない一心で、大浴場には行かなかった。部屋のシャワーで済ます予定だったからだ

13: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)01:31:31 ID:rBQ
そしてそこで俺は取り返しのつかないミスをした

シャワーを浴びる時に、ユニットバスの鍵をかけ忘れていた。
同じ部屋に泊まっていたお調子者の越智君が、俺がシャワーを浴びているところに突撃してきた


俺が粗チンだという証拠を得た越智君ははしゃいでそれをみんなにふれまわった
晩飯までの一時間の間に、その噂はクラス中に広まっていた

14: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)01:37:14 ID:rBQ
俺は夕食の会場に行かなかった

先生から事情を聞かれたが、体調不良と言い張った
粗チンがばれたなんて言えるはずもなかった
先生は困りきって、しまいには機嫌が悪いくらいでなんだと怒りさえした

俺はもう絶望的な気持ちになって、みんなが寝るまで待とうとロビーのトイレに入ってそのまま10時近くまで泣いていた

15: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)01:43:24 ID:y6I
つらいよな…

16: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)01:44:00 ID:yFR
どうなったんだ?

17: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)01:44:15 ID:rBQ
消灯時間になって、さすがにそろそろ部屋に戻ろうとしたとき、クラスの女子、佐藤と会った。会いたくない人には会ってしまうものだ

佐藤は俺を見るなり、泣いてたの?と聞いてきた
そりゃバレバレだった筈だ、目は真っ赤でまだ涙も乾いていないくらいだったから

俺は答えられなかった、そしたら佐藤は、越智君と何かあった?と聞いてきた
もう終わりだと思った。泣き止んだはずだったのに
また涙がどっと出てきて、情けないと分かっていたのに泣いた、女の子の前で泣いた

19: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)01:50:42 ID:rBQ
佐藤はびびったような顔をしたけど、ちょっとこっち、と俺の手を引っ張って、俺は引きずられるように佐藤に付いて上の階に上がっていった

そのとき俺らが泊まっていたのは2階の部屋だったけれど、佐藤は一番上の6階まで俺を連れていった

後から分かったことだけど佐藤のお母さんはホテルで働いていた経験があるらしく、先生の見回りが最上階にこないことも知っていたようだった

22: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)01:56:33 ID:rBQ
連れて行かれてからも俺はずっと泣いていた
佐藤は気まずそうにしていたけど、越智君が俺の粗チンの話を言いふらしてまわっていたことを俺に説明してくれた

俺はもう消えたいような気持ちで、下ネタ好きの女子だった横田がノリノリで越智君と粗チンの話をしていたっていうどうでもいいくだりを聞いた

そして佐藤は一通り説明しおわった後、しばらく黙っていたけれど、小さい声で「いいじゃんね、別に大きさなんてどうでも」と言った

俺は涙を拭きながら、たぶん憎まれ口叩いたと思う
だって粗チンを女の子にフォローされるってプライド死ぬほど傷つくしな

23: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)02:00:56 ID:yFR
無責任だな佐藤は
ならお前は6センチのソチンとやりたいのか!

24: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)02:02:27 ID:y6I
>>23
佐藤さん優しいやないか

25: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)02:03:54 ID:rBQ
佐藤は何も言い返さなかった、俺は自分がますます情けなくなった。そしてたった今悪口を叩いたその口で、ごめん、と言った

それから佐藤は、慰めるでもなく、責めるでもなく、そこにいてくれた、俺はもう佐藤に情けないところ全部ぶちまけてしまって放心していた。

30: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)02:16:36 ID:rBQ
その後、俺は佐藤から逃げるように部屋に戻った。
修学旅行の間、越智君から心なくからかわれたりしたり、旅行が終わった後横田からもからかわれたりした

でも俺は、不思議とすこしづつそれらが気にならなくなっていった。「いいじゃんね、大きさなんてどうでも」と言った佐藤の言葉を拠り所にしていたんだと思う

佐藤とはそれから彼女ともなんとも言いがたい不思議な関係になったりして、今は夫婦として一緒にやってきている

今日は俺が粗チンだとばれてからちょうど20年になる日で、嫁はたぶん覚えてないだろうと思いつつ記念として書かせてもらった

あー俺本当に文才ねえな
以上です。読んでくれてありがとう

31: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)02:17:24 ID:U7e
は?

32: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)02:17:34 ID:U7e
いやwまてまてまてまて

33: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)02:18:23 ID:U7e
>佐藤とはそれから彼女ともなんとも言いがたい不思議な関係になったりして、今は夫婦として一緒にやってきている

ここはしょるなや!!

35: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)02:19:42 ID:rBQ
>>33
書こうと思ったけどなげーからはしょった
書いた方がいいか

34: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)02:18:58 ID:y6I
エロは?風邪ひいてまうよ佐藤さんとの修学旅行最終日のえろは?

35: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)02:19:42 ID:rBQ
>>34
エロはもうちょっと後なんだ

36: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)02:26:12 ID:rBQ
じゃあちょっとそのへん書くか

俺の粗チンがばれて、佐藤に慰められ?た次の日
越智君は絶好調だった。朝っぱらから俺のベッドの中に入ってきてズボン下ろそうとしたって言えばもう、わかると思う

ただ、周りの連中は狂った越智君に若干引きぎみで、俺の粗チン事件は俺のいた班から熱が冷めていった。

40: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)02:32:52 ID:rBQ
その日は寺社巡りで(京都だった)班ごとの自由行動も予定にあった。
俺の班は王道というか、清水の舞台を見たいという西くんに従って清水寺に行った
実際見るとがっかりするとは言うけれど俺は昨日の一件でほぼグロッキーで、清水の舞台の印象が全く残っていない

記憶残っているのは、清水寺で佐藤のいる班と合流したことだ

42: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)02:41:54 ID:rBQ
佐藤の姿を見かけたときはギクッとして、俺はまた逃げ出したくて仕方なくなった

佐藤も俺を見つけて、一瞬、あっ、という顔をして、それから遠慮がちに手をあげた、俺もあいまいに手をあげて返事をした

佐藤はまだぎこちない感じで、でもなるべくそれを感じさせたくなかったのか色々と話をした。俺は心ここにあらずで、あいづちだけを適当にうっていた

43: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)02:59:57 ID:rBQ
佐藤の班とは土産を買うルートまで同じで、俺はマジかと落ち込んだ、今考えると佐藤に失礼な話だ

と、だべってるうちに越智君が昨日のことをちょっとからかうような話をし出した。内容はよく覚えてないが大浴場の話をわざとしてたようなきがする

越智君がまた調子に乗りはじめてああまたかと思った瞬間、佐藤が突然越智君の話を遮った。
お風呂の話今してもしょうがないでしょ、と

佐藤にしては珍しく言葉が強くて、越智君はちょっとビックリしたように黙った。

51: 名無しさん@おーぷん 2015/11/24(火)22:33:09 ID:QDm
つづきいくぞぉ

佐藤は珍しく怒って越智君を黙らせた。俺は佐藤のそんなところ初めて見たもんで面くらった。
越智君もビビってたけど、西くんだけは平気なようだった
佐藤の小学校時代を知っていたからだと後から聞いた。

ビビったとはいえ越智君微妙に腹が立ったらしく、なんでそんな宮原(俺の名前)んとこかばうの?と今度は佐藤のことをからかいにかかった。

佐藤はちょっと黙って、それから、越智君がひとのこと嫌がらせするからでしょ、と言い切った。
俺は佐藤のそんなところ初めて見たからショックだった、
でも佐藤が味方してくれたのが嬉しくて、つい仲裁に入るのが遅くなってしまった

結局、俺がお試し品の扇子で芸者の真似するまで越智君と佐藤は険悪な感じだった

52: 名無しさん@おーぷん 2015/11/24(火)22:35:58 ID:QDm
佐藤はなんで俺の味方してくれたんだろう?とその時俺は思った
そりゃ同じクラスだししゃべる機会だってあったけど、わざわざ男子の、それの粗チンのことをかばう必要性はどこにもないわけで

それはわからないまま、俺の最悪な修学旅行は終わっていった。

53: 名無しさん@おーぷん 2015/11/24(火)22:49:26 ID:QDm
次に佐藤と接点ができたのは修学旅行が終わって1週間、俺の粗チン騒ぎにもみんなが飽きたあとだった

定期テストで、俺は数学の成績が悪かったので補修を受けるはめになってしまった
そしてその補修を受けるメンバーの中に佐藤もいた。
俺はなんとなく居心地が悪いような、嬉しいような、なんともいえない気持ちになった

そしてその補修の後。帰ろうとした俺はばったりと佐藤とでくわした。
俺は最初、世間話でごまかそうとして、でも結局、世話になったくせになかったことにしようとしている情けなさに気がついて、改めて佐藤に感謝と、ひどいことを言ったことを謝った。

54: 名無しさん@おーぷん 2015/11/24(火)23:20:30 ID:QDm
佐藤は別にいいよ、と言った。笑った顔がかわいいことにその時気がついた
佐藤はなんで俺のことをわざわざ気にかけてくれたんだ?と俺は聞いた

62: 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)00:38:25 ID:o00
来週の道徳の授業の教材にする予定なんだから早く書けよソチン

64: ■忍法帖【Lv=2,はぐれメタル,vgk】 2015/11/27(金)00:06:27 ID:kqU
あくしろよ
ソチン!

66: 名無しさん@おーぷん 2015/11/27(金)21:09:18 ID:7ja
続きいくぞぉ

佐藤は俺の質問に、ちょっと下を向いてだまった。
俺はなにか不味いことを言ったか、と小心者の病気が出て、訳もわからず謝った。

佐藤は違うの、と俺を遮って、長くなるけどいい?と俺に言った。俺は頷いた。

68: 名無しさん@おーぷん 2015/11/27(金)21:22:20 ID:7ja
佐藤は何から話すかちょっと迷ったような顔をして、それから、宮原くん、私のお兄ちゃんに似てるの。と言った

俺はなんでお兄ちゃんの話が出てくるのかわからなくなって、黙ったままでいた。

佐藤は小学生のころお兄ちゃん大好きっ子だったんだそうだ。
大人で、口数は多くなかったけどそこがいいところだったんだと佐藤は言った。俺は佐藤が期待するほど大層な奴じゃないと思ったけれど、一応頷いた

佐藤はその先を言いづらそうにしていた
俺は辛抱できない奴だったので、その先を促した。

お兄ちゃん、自殺しようとしたの。
佐藤がようやく言った言葉に、俺は頭のなかが真っ白になった

69: 名無しさん@おーぷん 2015/11/27(金)21:28:47 ID:OZ9
....未遂か

70: 名無しさん@おーぷん 2015/11/27(金)21:33:19 ID:7ja
佐藤のお兄さんは、佐藤が小学校4年のとき自殺未遂を起こしていた。突然だったらしい。
寝る前にアルコールと睡眠薬を飲んだのだと。
朝、いつまでも起きてこないお兄さんを佐藤のお母さんが不審に思って起こしに行き、発見されたのだと佐藤が言った。

原因はいじめだったそうだ
怪我もしなければ持ち物をどうされるということもなかったが
クラスのいじめっ子からおもしろ半分でカツアゲされ、万引きを強要されていたと佐藤が言った

好きな女子とのありもしない噂を流され、その女子にクラスの前で断らせてビンタさせるということまでされたという。

俺は言葉が出なかった。もう俺の粗チンの話なんかどうでもよくなっていた

71: 名無しさん@おーぷん 2015/11/27(金)21:44:42 ID:7ja
お兄さんは今はカウンセリングに通い、学校もどうにか卒業しているが、職場に自殺未遂を隠していたことが発覚して苦しい思いをしているのだと佐藤が言った

後で西くんから聞いた話だが、お兄さんの自殺未遂後の佐藤はいじめどころか冗談でいじるのさえ嫌っていたようで、クラスから浮いてしまう時期まであったという。

今考えれば、粗チン事件で佐藤が俺の味方をしてくれたのも、泣いてる俺を見て佐藤のアンチいじめスイッチが入ってしまったということなんだろうと俺は思っている

72: 名無しさん@おーぷん 2015/11/27(金)21:49:25 ID:7ja
俺はなんと言っていいか分からなかった
佐藤はごめん、こんな話して、と俺に謝った。今度は俺が佐藤に謝るなと言う番だった。

73: 名無しさん@おーぷん 2015/11/27(金)21:57:11 ID:7ja
なんというか、奇妙な感じだった。お互いに秘密を知ってしまうと、距離がぐっと縮まってしまったようで
彼女の二文字を意識せざるを得ないような、多分中学生でなくともそうなるんじゃないだろうか

ごちゃごちゃと考えていたときに、佐藤が小さな声で、聞いてもいい?と言ってきた

俺は頷いた。佐藤はじわっと顔を赤くして、言った。
小さいのって、やっぱり気になるの?
俺も顔がかーっと熱くなった。

74: 名無しさん@おーぷん 2015/11/27(金)22:08:27 ID:7ja
佐藤がそんなこと言うと思わなくて、俺はもうみっともないレベルで動揺したと思う。
冗談ならまだよかったかもしれないのに、どうあがいてもそんな軽い雰囲気ではなくて

でも佐藤は真面目だった。俺はどうしていいか分からなくなって、心臓がドキドキした。顔だって真っ赤だったと思う

俺はしばらく死ぬほど迷ったけど、とうとう言った。
気になる。と

佐藤は真っ赤な顔のまま、何も言わなかった。俺はますます恥ずかしくなって、何か言えよ。
と小さな声で言った。そもそも大きさなんて関係ないと言ったのは佐藤だったし

75: 名無しさん@おーぷん 2015/11/27(金)22:20:21 ID:7ja
佐藤は何か言おうとして、俺は恥ずかしさに耐えられなくて佐藤をせかした。佐藤は、どうして小さいと嫌なの?と聞いてきた。
俺は今度こそ答えられなくなった。そんな話をこんな雰囲気のなかで女子にするなんてこと考えられなかった

76: 名無しさん@おーぷん 2015/11/27(金)22:35:09 ID:7ja
本当に今考えても妙な雰囲気だったと思う
率直に言えばものすごくエロかった。佐藤もあの時すごくいやらしい気持ちだったとずっと後で言った。

俺はもう恥ずかしさで死にそうになりながら、ちょっと今は説明できないけれど、何かに書いて渡すと、佐藤に言った。(何を言ってんだ)
佐藤は、いいの。と頭を横に振って、変なことを聞いてごめん。と謝った。

そのあと、ぎこちないまま佐藤にさよならを言って、俺はまた逃げるように家に帰った。

その夜、俺は佐藤との会話を思い出すたびに机の上で悶絶した。
そもそも俺が佐藤に、なんで味方してくれたのか聞かなければ良かったわけで。それを後悔してみたりもした。

そして、佐藤に、なぜ粗チンを気にするのか、と聞かれたことも思い出した。
死ぬほど恥ずかしかったけれど、自分でも、なんで気にするんだっけ?と思った。
不思議と、粗チン事件が起きてから、少しずつ俺は粗チンのことが気にならなくなっていた。

77: 名無しさん@おーぷん 2015/11/27(金)22:44:07 ID:7ja
次の日、数学の補修のあとに、俺は帰ろうとする佐藤に声をかけた。

佐藤に、昨日のことなんだけど、と言うと、佐藤は昨日みたいに顔を赤くした。

俺は、覚悟を決めて、佐藤に全部話した。
小学校で粗チンが発覚して、それからずっと隠してきたこと、平均までいかないとなぜ悪いのか、死ぬほど恥ずかしかったけれど、頑張って佐藤に話した。佐藤は真っ赤になって、でも、真剣な顔で、頷きながら聞いてくれた

78: 名無しさん@おーぷん 2015/11/27(金)22:54:39 ID:7ja
一通り話しおわった後、俺は小心者で、やっぱり言わなきゃ良かった。とか、そもそも佐藤だって言わなくていいって言ったじゃないか、とか余計なことを考えていた

小さいのって辛いことだったんだ、私知らなかった。と、佐藤は言った。真っ赤な顔のまま、そのまま少し黙っていた。
それから佐藤は、小さな声で、じゃあ、もうひとつお願いあるんだけど、いい?と聞いてきた
俺は、またか!?となんだか嫌な予感がしつつ頷いた

佐藤は、ちょっと耳かして。と言って、俺にそっと耳打ちした。
宮原くんのおちん○ん、見せてくれない?

佐藤が何を言っているのか、一瞬分からなかった。

79: 名無しさん@おーぷん 2015/11/27(金)22:55:15 ID:7ja
すまぬ今日はここまで

もういいよな?みんな飽きたろ俺は飽きた長すぎる

82: 名無しさん@おーぷん 2015/11/27(金)22:58:52 ID:Rwd
>>79
乙。
飽きてないがまた頼むな


そんなことより


            漫   画   化   決   定

84: 名無しさん@おーぷん 2015/11/27(金)23:04:59 ID:7ja
>>82
お前らマジか
わかった...一区切り終わるまでは書くわ

81: 名無しさん@おーぷん 2015/11/27(金)22:58:25 ID:5mo
ここまできて終わるとか末代まで呪う

88: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)02:07:29 ID:NGo
俺、四日くらい前からパンツ脱ぎっぱなしだぞ
風邪ひいたらソチンのせいだからな

90: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)12:40:26 ID:WlI
>>88
パンツ履けよ

91: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)12:43:05 ID:7td
>>90
どうせ創作なんだろ?しらばっくれんなうぜえ

92: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)12:49:22 ID:WlI
>>91
ぶっちゃけ作り話もまぜてある
ありのまま書くと一年とかの期間になってクソみたいに長くなるから

覚えてる範囲を継ぎはぎしてはしょれるとこはしょって自然になるようにあわせてあるだけですえ

93: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)12:50:08 ID:7td
>>92
じゃあもう書く意味ねえわやめろカス

94: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)12:51:22 ID:WlI
>>93
一応次で区切りつくからそこで終わりにするわ
てかわざわざ読んでくれてありがとう

89: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)12:38:10 ID:7td
なんか本名だしてるっぽいけど大丈夫なのか宮原くんよ

90: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)12:40:26 ID:WlI
>>89
みんな本名じゃないからもーまんたい

102: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)20:40:59 ID:WlI
よっしゃ、帰ってきたしラストいくぞぉ

何がどうなって、おちん○ん見せて。なのか
俺はもう真っ赤な顔で下を向いてしまっていたと思う

佐藤は、お願い、と真剣に言った。ふざけていると思えなかった。
俺は佐藤に聞き返した。どうしてそんなにチンコなんか見たいのかと

佐藤は今度は困ったような顔をした
だって。と言って言葉につまって、それから、だって興味あるんだもん。と困り顔のまま言った。

103: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)20:43:33 ID:WlI
興味あるっていうのは、後々聞いた話、佐藤はその頃性嫌悪の傾向があって、セックスなんて汚いと思っていたふしがあったらしい

けれど、俺の粗チンの一件で、急に興味が湧いたのだという。よくわからんけど、俺の粗チンはそういうところで役にたったらしい

104: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)20:46:20 ID:WlI
佐藤になんて言い返すか、言葉が出てこなかった。修学旅行のあの夜から、佐藤は友達と言うにはあまりにも近くなりすぎていた

近くなったことで異性としての魅力も少しずつ見つかっていて、正直に言えば、佐藤が俺のチンコを見たいと言ってくれたことにすごく興奮していた。

105: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)20:50:18 ID:WlI
俺は、さんざん迷ったあげく、場所、ないだろ。と言った、オーケーって言ったも同然だった。

佐藤は、来週の月曜日、学校休める?と言った。私の家、その日は誰もいないから。と

俺は佐藤の大胆さに心底ビビった。佐藤は普段大人しいというか、そう目立つほうではなかったから、そんないやらしいこと言うなんて想像もしてなかった

106: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)20:53:47 ID:WlI
俺はまた迷って、粗チンを人にみせることが堪らなく不安なくせに、でも中学生特有の性欲に勝てなくて、わかった。と言ってしまった

佐藤は真っ赤になったまま、じっと俺を見つめていた。二人とも黙って、そしてお互いに気まずさに耐えられなくなって、曖昧に笑った。

107: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)20:59:08 ID:WlI
そして、次の月曜日
学校を休むことは出来なかった。あの場の勢いで言ってしまったけれど、親がそんなことを許すはずがなかった

代わりに俺は気分が悪いと言って学校を早退した。保険の先生は不審がっていたと思う。でももうそんなこと気にならないくらいだった

108: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)21:05:04 ID:WlI
学校を早退したあと、俺は佐藤の家に向かった、早く行きたいような、もう帰ってしまいたいような気分だった。

佐藤の家はまだ新築だった。ドキドキしながらインターホンを押すと、中から佐藤が出てきた。待ってたよ、と少しふくれたように言う姿がとてもかわいかった。

109: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)21:09:17 ID:WlI
俺は、どうぞ。と佐藤に促されて家のなかに入った。真新しい木のにおいがした。

佐藤は、階段をあがって二階の自分の部屋に案内してくれた。後をついていく俺は、死ぬほど緊張していた。学校では気がつかなかった、ほんのり甘い佐藤のにおいがした。

110: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)21:14:17 ID:5Wm
ほんのり甘い佐藤のにおい
おかしかな?

111: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)21:16:53 ID:WlI
佐藤の部屋は女の子らしいかわいい部屋だった。緊張している俺を見て、佐藤は、大丈夫?と聞いてきた
大丈夫な訳なかったけれど、俺はほとんど意地を張って、大丈夫、と言った。

それから、佐藤と俺は少しの間、世間話をしたような気がする、あの越智君のことを好きな女子がいるとか、西くんは小学校のとき超背が小さかったとか

そして、ふと、会話がとまって、俺は佐藤を見て、佐藤も俺をじっと見つめ返した。

佐藤が、いい?と聞いた。頬が赤かった。
俺は頷いた。俺もたぶん真っ赤だった。

112: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)21:29:33 ID:WlI
佐藤がベッドに座って、隣をぽんぽんと叩いた。座って、と合図していた
俺はぎこちなく佐藤の隣に腰かけた。

じゃあ、いい?と佐藤が言った。
俺はとうとうこの時が来てしまったか、と思いながら、制服のベルトを外そうとした。
手が震えて全然外せなくて、佐藤はいいよと言ってくれたけれど、情けなくて仕方なかった

ようやくベルトを外して、学生ズボンをおろした。
俺の粗チンは、もうこの状況に我慢できないとばかりに勃起していて、パンツを小さく押し上げていた。
俺は心臓のドキドキで目眩を起こしそうだった。

113: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)21:33:54 ID:WlI
佐藤が、おちん○んって、そんなに上向いてるの?と言った。俺は違うと言いたかったけれど、もごもごと言葉にならない言い訳をした。

佐藤はちょっと不審に思ったらしかったけれど、パンツ下ろして。と言った。俺はとうとう、トランクスをゆっくり下ろしていった。

114: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)21:38:11 ID:WlI
佐藤は俺がパンツを下ろすところを食い入るように見ていた。俺の陰毛が出てきて、それから小さいまま堅くなって上を向いているチンコが出るのをずっと見つめていた。

死ぬほど恥ずかしいのに、俺は同時に興奮していた。

115: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)21:49:02 ID:WlI
佐藤は、しばらく俺のチンコをみつめて、それから、変な感じ、と言った。
俺は少しだけ傷ついた。でも佐藤は全然馬鹿にするような雰囲気じゃなくて、変という言葉も、たぶん心からそう思っているような気がした。

いつもそんなにたってるの?と佐藤が聞いた。俺はつっかえながら、いつもじゃないよと言った。

じゃあ何で今こんなになってるの?と佐藤はきいた。
俺は、言い訳がましく、これは仕方ないんだけど、と前置きして、エロいからこうなってるんだ、と言った

佐藤はちょっぴり口をつぐんで、それから、わたしのこと、そう思ってる?と言った。

116: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)22:01:02 ID:WlI
俺は動揺した。佐藤に対する気持ちが曖昧なままここまで来てしまって、でもあきらかにこの状況に興奮していた。

俺は、自分でも分からないままうなずいて言った。佐藤がかわいいからこうなったんだ。と

佐藤は少しの間黙って、それからふっと笑った。こんなことしてるのに、今さらこんな話して、おかしいよね。と

俺もなんだかおかしくなってしまって、笑った
それから、俺は一番不安だったことを、佐藤に聞いた。
俺のチンコ、変じゃない?と

佐藤は少し考えてから、分からないけど、と前置きしてから、
でも、大丈夫。宮原くんのおちん○ん、かわいいよ。と言ってくれた。

字面だけ見るとアレだけど、馬鹿にするような響きはどこにもなくて、俺は本当に安心した。

117: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)22:05:23 ID:S0P
あまずっぺぇぇぇぇぇぇ!
ええのぉww

118: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)22:05:32 ID:WlI
安心したからか、目の前が滲んで、ぽろっと涙がこぼれた。
小学校のときから5年近く、みっともなくも俺なりに悩み続けたチンコのことを初めて異性にそれでいいと言ってくれたことが嬉しかった。

佐藤の前で、俺はあの夜のように泣いた。みっともないとわかっていたけど涙が止まらなかった。

佐藤も何も言わず、そっと背中をさすってくれた。背中に当たる佐藤の手のひらの感触がとても気持ちよかった。

119: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)22:18:44 ID:WlI
一通り佐藤が俺のチンコを見た後、俺は元通りズボンを履いて、佐藤とまたどうでもいい世間話をした。
とても気持ちが軽くて、来たときより俺はずっとおしゃべりだったと思う

そして、中学校の下校時刻になる前に、佐藤とお別れした。お別れの前に、俺は佐藤に、付き合って欲しい。と言った。
佐藤は少し考えて、そうじゃなくて。と言った。カレカノにこだわらないで、悩みを相談する仲になろうよ。と。

俺はなんとなくその言葉に納得した。変な話、性的なところばっかり急接近してしまったわけで、俺も佐藤も、お互いのことを何も知らなかった。

そんなわけで、俺と佐藤は友達以上恋人以外というちょっと変わった関係になった。
それから半年くらいでカレカノになり、ケンカしたり一度別れたりもしたんだけれど、ついに7年前に結婚。子供もひとり授かって、今は本当に幸せだと思う。

俺の粗チンという本当におかしなところから接点ができて、縁はおかしなものだと思う。
あれから20年、今嫁になった佐藤に、改めて言いたい。
あすか、本当にありがとう。愛してる

120: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)22:19:27 ID:WlI
今度こそ終わり!

なげえええええええええなにこれ
読んでくれたみんなも本当にありがとう

124: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)23:16:35 ID:S0P
ご馳走さまでしたww

127: 名無しさん@おーぷん 2015/11/29(日)13:33:53 ID:pd1
えがったえがった

128: 名無しさん@おーぷん 2015/11/29(日)14:46:57 ID:biP
イイハナシダナー

引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1448208493/