芸スポ+

松重豊『孤独のグルメ』は“黒歴史”だと思っていた!?

1: 顔無しさん 2017/04/12(水) 13:16:12.14 _USER9
4月6日放送のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(TBSラジオ)に俳優の松重豊(54)がゲスト出演。
人気テレビドラマ『孤独のグルメ』(テレビ東京系)で主役の井之頭五郎役を受けたとき、
「プロフィールの汚点になる」と思っていたと語り、伊集院光(49)や柴田理恵(58)らを驚かせていた。

この日は『孤独のグルメ』の第6シーズンの放送スタート前日で、伊集院にドラマがヒットしたことについて聞かれると、
松重は「原作も単なるオッサンが食べてるだけで、別に何か物語があるわけでもないし、事件が起こるわけでもないんで……」
「“本当に淡々とやりますけど、いいんですか?”ってことで、“何もやらないですよ”っていうスタンスだった」と話した。
さらに「はたして、視聴者っていうお客さんがつくかどうか本当に分からないし、
たぶん、僕の中でも、プロフィールの汚点になるだろうなって思って(いた)」と打ち明けると、伊集院は大笑いしていた。

松重は『孤独のグルメ』は「夜中に飯食ってる番組やってたよね?」とか、「一人で飯食って何が面白いの?」と言われるような、黒歴史ドラマになると予想していた。
しかし、ジワジワと人気が出てきて、地方に行くとお年寄りから、「あの、夜中に食べてらっしゃるの、またやらないんですか?」などと言われるようになり、
「ああ、この番組、別に必要とされていないわけじゃないんだなあ」と思ったという。また、アジアやヨーロッパでも人気が高まり、
松重は「中国の観光客が片言で僕に向かって来るんですよ。よく聞くと、“食べる番組見てる。
まさか日本に来ておまえに会えるとは思ってもみなかった”みたいなことを言ってるんです」とドラマの影響力を実感していた。

次に柴田から食べ方がきれいだと褒められると、松重は「大学は演劇学専攻で、芝居を4年間みっちり勉強したけど、食べ方なんて、
一つも教わってない」「食べ方がいいとかって言われても、訓練や努力してきたわけではない」と言い、さらに「きれいに食べようとか、最初から思ってなかったです。
パスタでも多少音を立ててでも、おいしく食べられればいい。だから、がっついて食べているから、“これ汚いから、なんか受けつけない”って思う方がいてもいい」と持論を述べた

http://dailynewsonline.jp/article/1299653/
2017.04.12 07:00 日刊大衆

2: 顔無しさん 2017/04/12(水) 13:16:38.19 _USER9
今までで本当においしいと思った店について、伊集院に聞かれると、松重は小さな店で撮影することが多いため、客が殺到する放送前に「ここは行ったほうがいい」と知り合いに教えることがあると告白。 
そして松重は妻と「放送前に行って復習している」と明かしたが、「放送前に(店名を)バラしたらまずいことになる」と、店名を出すことはしなかった。 

また、ドラマの撮影ペースについて伊集院に聞かれると、 
「撮影は食べる日と街歩きの日に分かれていて、食べる時間は午後2時、3時ぐらいなんで、前日からご飯を少しずつ抜いている」 
「空腹がいい調味料になる」と言い、さらに「あくまでも主役は出てくるメニューですからね。 
そこを引き立てるためには、どういうふうに食べて、主役を盛り立てていけるかってことを、ずっと考えてます」と語っていた。 

「原作漫画の作画を担当していた谷口ジロー氏が先日亡くなり、これで新しい漫画が描かれることはなくなりましたが、 
ドラマはおいしい店と松重の食欲があれば、今後も続きそうですね」(テレビ誌ライター)――深夜の”飯テロ”は、まだまだ続く!
続きを読む

【プロレス】WWEの中邑真輔が“1軍”昇格、スマックダウンにサプライズ登場(動画あり)

CqTUvU_UkAAf2Ia

1: 顔無しさん 2017/04/05(水) 13:55:27.69 _USER9
WWE・中邑真輔が“1軍”昇格 スマックダウンにサプライズ登場
4/5(水) 12:59配信

世界最大のプロレス団体WWEのスマックダウン大会が5日(現地時間4日)、
米オーランドで行われ、同団体の第3ブランドNXTで活動している
元新日本プロレスの中邑真輔(37)が登場し、“1軍”昇格を果たした。

中邑は、バイオリンの生演奏による自身の入場曲に乗って姿を現すと、
サプライズのどよめきに包まれながら花道をかっ歩。
試合はなく、コメントもしなかったが、リング上で大観衆とともに決めゼリフの「イヤァオ!」を合唱した。

中邑は16年1月に新日本プロレスを退団してWWE入りし、同年4月にNXTでデビュー。
NXT王座を獲得するなど中心的な選手となり、“1軍”昇格が期待されていた。
スマックダウンでは同じ元新日本プロレスのAJスタイルズも所属している。

デイリースポーツ 4/5(水) 12:59配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170405-00000058-dal-fight



動画
Two-time NXT Champion Shinsuke Nakamura debuts on SmackDown LIVE
: SmackDown LIVE, April 4, 2017
http://www.youtube.com/watch?v=m8izXHKZSXw

続きを読む

冨樫義博が描き下ろし、戸川純 with Vampilliaのアーティストイラスト公開

1: 顔無しさん 2017/01/01(日) 22:15:15.26 _USER9
コミックナタリー 1/1(日) 22:00配信

冨樫義博が、戸川純 with Vampilliaのアーティストイラストを描き下ろした。

歌手活動35周年を迎えた戸川純が、アレンジと演奏にVampilliaを迎えた名義
「戸川純 with Vampillia」。
2016年12月には、アルバム「わたしが鳴こうホトトギス」をリリースしたばかりだ。
冨樫によるイラストは2枚描き下ろされ、いずれもメンバー全員が美しく緻密に描かれた。

なお戸川純 with Vampilliaは1月13日に東京・LIQUIDROOMにて、1月20日に
大阪・梅田CLUB QUATTROにてライブイベント「戸川純35周年記念LIVE
『わたしが鳴こうホトトギス』」を開催。チケットなどの詳細はイベントの
特設ページにて確認を。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170101-00000094-nataliec-ent
no title

no title


Vampillia
no title

続きを読む

ドラマ『銀と金』銀二役はリリー・フランキー「大役への責任を感じています」

1:2016/12/06(火) 06:59:49.75 ID:
マルチタレントして多方面で活躍するリリー・フランキーが、テレビ東京系土曜ドラマ24『銀と金』(2017年1月7日スタート、毎週土曜 深0:20)に、裏社会を仕切る大物フィクサー「銀王」こと平井銀二役で出演することが5日、わかった。

 ギャンブル漫画の第一人者で、『カイジ』『アカギ』などの作品でも知られる漫画家・福本伸行氏の同名作品を映像化する同ドラマ。俳優の池松壮亮が、未だ何者でもない森田鉄雄役で連続ドラマ初主演を務めることはすでに発表されていたが、この物語のもう一人の重要人物をリリーが演じる。

 銀二は、“金がすべて”の男。森田を「条件」に当てはまる男として裏社会に引き込み、その才能と成長に期待をかける。あらゆる面で卓越した能力を持ち、悪魔じみた思考で悪党から金をしぼり取るが、「巨悪を征するのはそれより大きな巨悪」という思想を持つ。最終的には、有力な政治家を使い、日本の経済界を支配しようとしている。

 数々の映画・ドラマに出演し、映画『そして父になる』では、日本アカデミー賞最優秀助演男優賞等を受賞するなど、どんな役も見事に演じ分ける演技力の高さも実証済みのリリーが、裏社会を仕切る本物の“悪”をどう演じるのか。

 実は、リリーの配役は、原作者・福本氏たっての希望でもある。リリーは「原作があるものを演じるのは、ファンの方もいるので難しいところもありますが、そこは福本先生のご指名、ということで温かい目で見守ってください。発表まで『銀二は誰だ?』と、この作品の期待値が高まっているため、今回の銀二という大役への責任を感じています」とコメント。

 原作漫画も熟知しており、「福本先生のせりふはドラマチックで口にするのは難しいのですが、原作のイメージと、現実のリアルさの間でどう演じるかを常に考えています。裏社会のフィクサーになるような男の内側の部分を演じられたらと思っております」と意気込み。「連続ドラマの現場はあまり経験がなく、大変さもありますが、一緒にやっている人たちがおもしろいので、新しいものが創造されるのではないかと期待しています」と話している。

 原作にも登場し、銀二と共に“命を賭けた攻防戦”を繰り広げる安田、巽、船田の配役も決定。警視庁OBで、かつての人脈を使い銀二をサポートする安田巌役には、マキタスポーツ。元新聞社で、銀二たちが出入りするバーを切り盛りしている巽京子役に臼田あさ美。元特捜部検事で切れ者の船田正志役を村上淳が演じる。

ソース
http://www.oricon.co.jp/news/2082589/full/
1月スタートのテレビ東京系ドラマ『銀と金』。ドラマ化にあたって、原作者の福本伸行氏がリリー・フランキー(左)演じる平井銀二を描き下ろしたイラスト

森田鉄雄役で連続ドラマ初主演を務める池松壮亮(左)

マキタスポーツ、安田巌役

臼田あさ美、巽京子役

村上淳、船田正志役

森田鉄雄役で連続ドラマ初主演を務める池松壮亮
8:2016/12/06(火) 07:04:57.36 ID:
この配役はありやな
続きを読む

わらで作った「シン・ゴジラ」がリアルすぎてスゴい 福岡・筑前町の収穫祭でお披露目

1:2016/11/02(水) 15:46:56.04 ID:
毎年恒例の収穫祭「ど~んとかがし祭り」を直前に控えた福岡県朝倉郡筑前町で、人気映画「シン・ゴジラ」のゴジラを模したオブジェが展示されている。

わらや竹で作られたオブジェは、大きさもさることながら、その精巧さが目を引く。しっぽのうねり、皮膚の凹凸など、細部まで忠実に再現されている。
同町の発表資料で製作班は、「クオリティの高いものを作ろう」「妥協はしません」と並々ならぬ意気込みを語っていた。


田園地帯に突如出現(筑前町役場提供)(C)TOHO CO., LTD.



暗闇の中でも存在感抜群(筑前町役場提供)(C)TOHO CO., LTD.


高さ7メートル、しっぽまでの全長10メートル

オブジェは、「かがし祭り」(2016年11月5日・6日)の開催にあわせて作られた。筑前町の発表資料によると、地元の若者や町役場職員、技術スタッフを合わせた総勢約20人の「巨大わらかがし班」が
およそ4か月かけて設計、製作。10月2日には、150人を超えるボランティアも参加し、ワラ編みが行われた。

同町企画課の担当者によると、オブジェが完成したのは10月31日。当初の完成予定日は23日ごろだったが、作り直しや天候の影響でややずれ込んだという。

11月1日、高さ7メートル、しっぽまでの全長10メートルのゴジラが足場から解き放たれ、のどかな田園地帯に「上陸」した。
目や背びれ、尻尾に埋め込まれたLED電球が暗い中で光を放ち、映画さながらの雰囲気を醸し出している。

ド迫力のオブジェが生まれた背景に、製作班のたゆまぬ努力があった。予算は、全国から集められた「筑前町ふるさと応援寄附金」(ふるさと納税)をフル活用。
地元の若者を巻き込んで人員を確保した。

一方、製作期間中は著作権問題、大雨続きの天候など、数多くの問題に見舞われた。
映画制作会社に働きかけたり、作業のスピードを調整したりして、製作班は一つ一つこうしたハードルを越えていった。

ゴジラのフィギュアと何度も見比べ...

そんな中でも、クオリティにはとことんこだわった。製作現場に置いていたゴジラのフィギュアと何度も見比べ、各パーツの忠実な再現を心掛けた。
納得できない部分は、最後の最後まで作り直した。
すべては、
「クオリティの高いものを作ろう」「妥協はできない」
という熱意、これまで培ってきたわらかがし作りのノウハウがなせる業だった。
製作班の思いが詰まったオブジェは、12月初旬まで町内の祭り会場で公開される予定だ。


わらで作った「シン・ゴジラ」がリアルすぎてスゴい 福岡・筑前町の収穫祭でお披露目 : J-CASTニュース 2016/11/ 1 17:08
http://www.j-cast.com/2016/11/01282361.html
3:2016/11/02(水) 15:47:46.33 ID:
(藁)
続きを読む

【映画】『チャイルド・プレイ』殺人人形チャッキーが美少女フィギュア化

1:2016/10/31(月) 16:47:16.67 ID:
http://www.cinematoday.jp/page/N0087118
2016年10月30日 21時32分

名作ホラー『チャイルド・プレイ』に登場する、凶悪な殺人鬼の魂が入った人形チャッキーを美少女化したフィギュアが、株式会社壽屋(コトブキヤ)から来年3月に発売される。
同社が展開する、ホラー映画のキャラクターを美少女フィギュア化する「HORROR美少女」シリーズの最新作。
1988年の誕生から現在まで、全6作が製作されているシリーズの中から、『チャイルド・プレイ/チャッキーの花嫁』(1998)のチャッキーを、イラストレーターの山下しゅんや氏が美少女へと生まれ変わらせた。

チャッキーのトレードマークであるオーバーオールとカラフルなボーダーシャツは、女の子らしいショルダースカートと肩出しカットソーへとチェンジ。
ソバカスがキュートな美少女ぶりに、一瞬チャッキーであることを忘れてしまいそうだが、ボーナスパーツとして差し替え可能なダメージ顔パーツを装着した姿は、凶悪な殺人犯そのものだ。
5月には、チャッキーの“花嫁”ティファニーの発売も予定されており、オリジナル以上にアブないカップルの誕生が楽しめそうだ。(編集部・入倉功一)

「HORROR美少女 チャッキー」は2017年3月発売予定 価格:7,800円(税抜き)






5:2016/10/31(月) 16:49:37.77 ID:
凶悪さが足らん、キティーの生首を持つくらいじゃないと
続きを読む

【芸能】小栗旬とジュード・ロウが「桃太郎」で共演!美し過ぎる鬼の哀しいストーリー

1:2016/08/05(金) 20:21:49.60 ID:
2016年8月5日 9時00分

小栗旬主演の桃太郎のストーリーが、映画と見まがうような壮大なスケールの世界観で展開する
「ペプシ」CMシリーズ第4弾、ペプシストロング5.0GV「桃太郎『Episode.4』」篇が8日のオンエアに先駆け、
オフィシャルサイトのYouTubeチャンネルで公開された。

これまで1弾から3弾にかけて、それぞれ桃太郎、犬、キジに焦点を当てた物語が紡がれ、
YouTubeで累計750万回以上再生されるなど人気を博してきた本CMシリーズ。
待望の4弾では、何とジュード・ロウふんする鬼が登場。かつて人の形をしていた彼がいかにして恐ろしい鬼となり、
桃太郎と対決するに至ったのか、哀しくも美しいエピソードが描かれる。

その昔、オニは島一番の勇者として人間たちに愛されていた。
あるとき、彼の強さを妬んだ者が恐ろしい魔物を差し向け、オニは人々を守るため命懸けで魔物を倒したが、
人間たちは底知れぬオニの力を恐れ、洞窟の奥深くに閉じ込めてしまった。
人間に裏切られた怒り、哀しみのあまり彼は恐ろしい“鬼”へと変貌した……。
「戦う修行僧のストイックさ」をコンセプトにしたエキゾチックな衣装をまとい、
オニの壮絶な過去をセリフなしで体現したジュードの名演もさることながら、
終盤、刀を手にした小栗ふんする桃太郎との対決シーンは圧巻だ。

記念すべきこの共演にあたり、ジュードは「10年前くらい前から日本をよく訪れていて、
いつかはこんなクリエイティブなことがしたかったから、日本の昔話のキャラクターのオニを演じられて、とても嬉しいよ。
またこちら(小栗)の紳士と共演できる事も、嬉しく思っていてこの現場での撮影も楽しい」と大興奮。

ペプシストロングの「Forever Challenge」のブランドメッセージにちなみ、
今後チャレンジしたいことについては何年も前からファンだという北野武監督の映画に出演することと告白。
また、京都の寺を愛し、しゃぶしゃぶが好物だというジュードに、
小栗は「(しゃぶしゃぶが)美味しいところを探しておきたいなと思います。
あと、今年の夏には僕も京都で仕事をしているので、もしジュードが来日する機会があった場合には、
京都でもおすすめできる場所を探しておきたい」と言い、熱い約束を交わした。(編集部・石井百合子)

ペプシストロング5.0GV「桃太郎『Episode.4』」篇は8月8日よりCMオンエア開始


・ジュード・ロウと小栗旬が鬼、桃太郎役で夢の競演!

http://www.cinematoday.jp/page/N0085078


∥その他の画像∥






∥動画∥
・ペプシストロング5.0GV『桃太郎「Episode.4」』篇 120秒 小栗旬 ジュード・ロウ サントリー CM [サントリー公式チャンネル (SUNTORY)]
続きを読む

【芸能】安田顕&ディーン・フジオカ、ベッドでの2ショット写真公開

1:2016/06/30(木) 19:12:17.79 ID:


俳優の安田顕が28日、自身のTwitterを更新。俳優のディーン・フジオカとベッドの上でほほ笑む2ショット写真を公開している。
写真は7月23日発売の雑誌『SODA』(ぴあ)9月号で、安田が連載しているエッセー「ヤスダコタハウス」に掲載されるもの。
これまでも女優の小泉今日子やザ・クロマニヨンズの真島昌利らを迎え、毎回ゲストとの“ベッドイン”写真とインタビューを掲載している。

 おそろいの白シャツ姿でほほ笑む2人の姿に、ネットでは「なんてときめくツーショット!」「その間に入りたい!」とファンから歓喜の声が相次いだ。
同号ではそのほか、長谷川博己、向井理、三浦春馬、岡田将生、松坂桃李のグラビアとインタビューを掲載予定。

http://www.oricon.co.jp/news/2074327/
(2016-06-30 18:32)
5:2016/06/30(木) 19:14:15.94 ID:
アッー!
続きを読む

【芸能】 「マンガ大賞2016」は野田サトル氏の『ゴールデンカムイ』に決定!

1: ダークホース ★@\(^o^)/ 2016/03/29(火) 15:53:07.46 ID:CAP_USER*.net
書店員を中心とした有志による選考委員らが
「今、一番友達に薦めたいマンガ」をコンセプトに決定する『マンガ大賞 2016』(主催・マンガ大賞実行委員会)が29日、都内で発表され、
野田サトル氏の『ゴールデンカムイ』に決定した。

同作は『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で連載中。
明治時代の北海道を舞台に、アイヌが遺したという大金を手に入れるため、
主人公の杉元佐一がアイヌの少女と行動を共にし、一攫千金を夢みるサバイバル漫画。
宝島社が発表した「このマンガがすごい!2016」ではオトコ編第2位を獲得している。

都内で行われた授賞式に出席した野田氏は、開口一番「『ダンジョン飯』に勝ててうれしい」と満面の笑み。
主人公のモデルは、屯田兵だった曽祖父で「いつか書きたいと思っていた」作品だったという。
同氏が漫画を描き始めたのは20歳過ぎで、それまでは「ニートに近い生活をしていた」と告白し、驚かせていた。

今年で9回目を迎える同賞。
選考対象になるのは、2015年1月1日から12月31日までに単行本が発売された作品のうち、
最大巻数が8巻までの漫画作品。
一次選考では、各選考員が最大5作品に投票し、得票数上位11(同率順位含む)作品が候補作としてノミネート。
その後、選考員が全候補作品を読んだ上で、
ポイント制で上位3作品を選定し、最もポイントが高かった作品が大賞に決まった。

■歴代大賞作品
第1回(2008年):『岳』石塚真一
第2回(2009年):『ちはやふる』末次由紀
第3回(2010年):『テルマエ・ロマエ』ヤマザキマリ
第4回(2011年):『3月のライオン』羽海野チカ
第5回(2012年):『銀の匙 Silver Spoon』荒川弘
第6回(2013年):『海街diary』吉田秋生
第7回(2014年):『乙嫁語り』森薫
第8回(2015年):『かくかくしかじか』東村アキコ

■マンガ大賞2016 ノミネート11作品
『岡崎に捧ぐ』山本さほ
『恋は雨上がりのように』眉月じゅん
『ゴールデンカムイ』野田サトル
『ダンジョン飯』九井諒子
『東京タラレバ娘』東村アキコ
『とんかつDJアゲ太郎』イーピャオ/小山ゆうじろう
『波よ聞いてくれ』沙村広明
『百万畳ラビリンス』たかみち
『BLUE GIANT』石塚真一
『僕だけがいない街』三部けい
『町田くんの世界』安藤ゆき

http://news.infoseek.co.jp/article/oricon_2069262/

「マンガ大賞2016」に決定した野田サトル氏の『ゴールデンカムイ』
no title

続きを読む
スポンサードリンク
管理人の心の声♥
つまらないリアル仕事でめっちゃ忙しいです。ネットに没頭できる身分になりたい。
最新記事(画像付)
楽天市場
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング(7日間PCのみ)
管理人へのメッセージ♥

管理人にご用の方はこちらからどうぞ。 RSSや相互リンク、ランキング登録などのお問い合わせも。

名前
メール
本文

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ



LINE読者登録QRコード