萌えニュース+

死ぬまでに完結するか気になる漫画は?

1: 顔無しさん 2017/01/31(火) 19:59:12.69 _USER
■死ぬまでに完結するか個人的に気になる漫画リスト

たぶん完結しない
バスタード、ハンターハンター、カイジ、アカギ、ワンピース、Dグレイマン、X(CLAMP)

時間かかるが完結する
ジョジョシリーズ、キン肉マンシリーズ、ホリックシリーズ、バキシリーズ、彼岸島、バガボンド

そのうち完結しそう
テラフォーマーズ、進撃の巨人、キングダム、銀魂

いつのまにか完結してた
こち亀、多重人格探偵サイコ、ガンツ、シャドウスキル
まだ続いてたの?
ガラスの仮面、パタリロ、悪魔の花嫁

http://anond.hatelabo.jp/20170130233650

2: 顔無しさん 2017/01/31(火) 19:59:30.80
H×H

続きを読む

主人公かと思わせて、実は主人公じゃないアニメキャラ7選

1:2016/09/26(月) 21:57:50.66 ID:
 

アニメ作品に登場するキャラクターの中には、「主人公だと思っていたのに実は主人公じゃなかった」というキャラクターがいたりします。
タイトルに名前が入っているのに主人公じゃなかったり、主人公のような活躍や振る舞いを見せるも、実は違うキャラが主人公だったりとそのパターンはさまざま。
今回は、こうした主人公っぽいけど主人公じゃなかったアニメキャラをピックアップしてみました。

●『屍鬼』結城夏野

2010年に放送された、小野不由美原作のサスペンスホラーアニメ。隔離された田舎の村を舞台に、村民たちの連続怪死事件の謎を村医者や村に住む少年たちが追う……という物語です。
序盤は結城夏野という、村に住む高校生が早々に異変に気付き、事件の黒幕を突き止めるために活躍。端正な顔立ちをしており、まさに主人公というキャラクターでしたが、あっさりと黒幕サイドにやられてしまい退場。
後にある理由で再登場するのですが、まさかの死んでしまう展開に「こいつ主人公じゃなかったの!?」と視聴者は驚きました。

●『デュラララ!!』竜ヶ峰帝人

2010年に1期、2015年から2016年にかけて2期が放送された、人気ライトノベルが原作のアニメ。池袋を舞台に、高校入学のために上京した竜ヶ峰帝人という少年がさまざまな事件に巻き込まれていく物語です。
この粗筋では、主人公は竜ヶ峰帝人のように思えますが、実はセルティという名前の「首のない女性キャラ」が主人公。1期は主に帝人の視点で進むので、帝人が主人公だと思う人も多かったでしょう。
ただ、後に発売された公式のムック本で、帝人は「表の主人公」という扱いに昇格しています。

●『涼宮ハルヒの憂鬱(ゆううつ)』涼宮ハルヒ

2006年に放送された人気ライトノベル原作のアニメ。涼宮ハルヒという女子高生が、クラスメートの男子高校生・キョンと共に謎の部活「SOS団」をつくり、周囲を巻き込みながら自分のやりたいことをやっていく……という作品。
タイトルが「涼宮ハルヒ~」となっているので、彼女が主人公だと思いきや、主人公はキョン。彼の視点で物語は進みます。ハルヒは非常に重要な役割を担ってはいるのですが、基本的に騒動の蚊帳の外であることが多く見られます。

●『ドラえもん』野比のび太

もはや説明するまでもない国民的アニメ。毎度騒動を起こし、劇場版では大活躍を見せるのび太君が主人公のように思っている人も多いでしょう。しかし主人公はタイトルにもなっているドラえもんの方です。
ドラえもんはサポートに徹し、のび太君目線で物語が進む展開がほとんどですが、作者の藤子・F・不二雄先生が生前に講演された内容によると、のび太君は副主人公なんだそうです。

●『喰霊-零-』観世トオル

『月刊少年エース』で2005年から2010年にかけて連載された人気ホラー漫画『喰霊』の前日譚を描いたアニメ作品です。1話では、悪霊退治を専門とする防衛省の特殊部隊に所属する観世トオルが、
部隊のメンバーと共に悪霊たちと戦う姿が描かれ、どう見ても彼が主人公という活躍を見せます。しかし1話の最後でトオルを含む部隊全員が死亡。実は主人公は全く別のキャラクターでした。
公式サイトも「トオルを中心とした物語」と意図的に示唆していたため、多くの人が勘違いしました。

>>2につづく)
http://news.ameba.jp/20160926-860/
2:2016/09/26(月) 21:58:10.10 ID:
●『ぼくらの』ワク(和久隆)

とあるきっかけで巨大ロボットに乗り、命を懸けて地球を守るために戦わないといけなくなった少年少女の物語を描いた作品。アニメは2007年に放送されました。
物語の序盤、明るく活発で子供たちのムードメーカー的存在というワクが、ロボットを操縦することになります。空想の物語のような展開にテンションを上げるなど、まさに主人公という振る舞いを見せますが、
地球の脅威となる敵を撃破した後に命を落とします。原作を知らない人は、相当に驚きました。

●『スヌーピーとチャーリー・ブラウン』スヌーピー

世界的な人気漫画『ピーナッツ』を原作とするアニメ。本作に登場するビーグル犬のスヌーピーが非常に有名なため、日本では本作=スヌーピーという形で印象付けられていたりします。
なのでスヌーピーが主人公だと思っている人が多いでしょう。しかし主人公はスヌーピーの飼い主であるチャーリー・ブラウン。
主人公ですが、スヌーピーのむちゃな行動に振り回されてばかりです。『涼宮ハルヒの憂鬱』のキョンと同タイプの主人公といえますね。

主人公っぽい、また主人公と思わせる活躍を見せるけど、実は主人公ではないというアニメキャラクターをピックアップしてご紹介しました。
皆さんは、こうした「主人公じゃなかった!」というキャラといえば、誰を思い浮かべますか?

(了)
続きを読む

【速報】 『スペースチャンネル5』新作発表!


urarara

1
:2016/09/05(月) 16:12:18.83 ID:
2016.9.5 Mon 16:09
セガの名作音楽ゲーム『スペースチャンネル5』の新作が突如発表されました。タイトルは『スペースチャンネル5 VR ウキウキ★ビューイングショー』。
開発は岡村峰子氏を始め、当時『スペースチャンネル5』シリーズ開発に深くかかわったメンバーが多数所属しているグランディングで担当します。

内容は主人公「うらら」の「リポートショー」を番組観覧者の1人となって体感することができるコンテンツになっており、
自分の目の前を颯爽と通り過ぎる「うらら」のウォーキングにくぎ付けになったり、オリジナルゲームでは知り得ることの無かった
番組制作の舞台裏を垣間見れるなど、「スペースチャンネル5」の新しい楽しみ方が提供されるとのこと。

製品版の発売日や対応ハードなどは未定となっていますが、「東京ゲームショウ2016」のKDDIブースにデモ版が特別出展されます。
《編集部》
http://www.inside-games.jp/article/2016/09/05/101572.html?fromsp
2:2016/09/05(月) 16:13:47.52 ID:
マイケル局長はどーなるんだ!
続きを読む

【ゲーム】もったいない! 発売されなかった待望のゲーム5選

1:2016/09/05(月) 08:34:15.41 ID:
GIZMODO
問題なく発売されていれば、名作になったでしょうに(涙目)。

権利の問題で日の目を見なかったファンメイドのゲームとはまったく事情が違い、開発中の問題で発売に至らなかったケースがいくつも存在します。

今回はZoominGamesがピックアップした、発売には至らなかったものの絶対に面白いであろう、5本のゲームを見てみましょう。

第5位:「スター・ウォーズ バトルフロント3」
2015年に3作目が発売されましたが、ナンバリングはなく1作目の焼き直しのようなタイトルでした。開発地獄に陥ってしまったこの「3」は、ほぼ完成まで進んでいたようですが、結局開発中止に。うーん残念。

第4位:「スーパーマリオ128」
128人のマリオがバラバラに動くことを表現したこのタイトルは、ニンテンドーゲームキューブの性能を紹介するためのデモ用ソフトで、「スーパーマリオ64」の続編になるとも言われていました。

しかしこの技術は、後の「ピクミン」に受け継がれたので、無駄に終わったわけではないんですよね。

第3位:「スタークラフト:ゴースト」
リアルタイムストラテジーの「スタークラフト」を、3人称視点のアクション・アドベンチャーにしたこのゲーム。女性キャラのノヴァ・テラを主役に据えたことと、ステルス・ゲームだっということから、「メトロイド」と「メタルギアソリッド」を意識した作品だったのかもしれません。

開発が遅れに遅れて2005年、そろそろXbox 360とプレステ3が出るぞ! という時期に差し掛かってしまったため、旧世代機用に開発していたこのタイトルは幽霊のように消えてしまったのでした。

第2位:「B.C.」
紀元前の原始人の生活を体験できる、古くて新しいXbox用タイトル。ライオンヘッドスタジオ時代のピーター・モリニューが、開発したけれど完成しなかった作品のひとつが、この「B.C.」です。

中止の理由は不明で、当時のスタジオは閉鎖。いつの日か化石のように発掘されて、博物館に展示されることを祈りたいと思います。

トップ5入りしなかったものの、開発されていた気になる作品
第1位に行く前に、トップ5入りはしなかったけど残念なタイトルが4本ありました。それが、一人称視点のサバイバルホラーゲーム「P.T.」以降にお蔵入りになってしまった「サイレントヒル」、「フェイブル・レジェンズ」、「スリル・キル」、「シックス・デイズ・イン・ファルージャ」でした。

第1位:「スターフォックス2」
スーパーファミコン用に大迫力な3Dグラフィックで開発しているなか、任天堂内が新機種のN64開発に力を注げ! という状況になってしまい、このタイトルの開発は中止に。

しかし後に、未完成版が世に漏れ出てしまったようで、ラッキーにもプレイできた人たちは「リリースしなかったのがもったいないほどの良作だ!」と声を漏らしたようですね。

これら5本を私たちがプレイできる可能性は限りなくゼロに近そうですが、後ろばかりを向いてはいられません。近い将来に発売されるであろう良作はいくつもありますので、それらに思いを馳せるとしましょう!

(岡本玄介)

http://www.gizmodo.jp/2016/09/zoomingames-5games-cancelled.html
2:2016/09/05(月) 08:35:05.78 ID:
ファイナルファンタジーIVだろ
続きを読む

【ネタバレ注意!】賛否両論だったエンディングのゲーム5選!


20101112_698102

1
:2016/09/03(土) 21:41:55.39 ID:
ゲームの「エンディング」は基本的にはハッピーエンドが望ましいですね。長い時間ゲームをプレーしてエンディングまで到達したのですから、その方がプレーヤーの気分もいいです。ただ、中にはハッピーエンドとはとてもいえない、賛否両論を呼ぶ結末のゲームもあったりするもので……。今回は、そんな賛否両論だった終わり方のゲームを紹介します。

●『ラジアータストーリーズ』(スクウェア・エニックス)

2005年に発売されたPlayStation2用のRPGソフト。本作は人間と妖精が共存する世界が舞台となっており、ストーリーの途中で両種族の関係が悪化。主人公はどちらの勢力に付くかを選ばされます。ここでは実際にプレーヤーが選択しなければならず、その結果でエンディングが分岐します。

ただ、どちらの種族を選んでも結末はハッピーエンドとはなりません。妖精を選ぶとそれまで共に戦ってきた仲間と敵対し、最終的に世界から人が消えてしまいます。人間編でも守ろうとしたヒロインが死んでしまい、主人公は姿を消します。「どっちのルートもひどい!」と当時は話題になりました。

●『ドラッグ オン ドラグーン』(スクウェア・エニックス)

2003年に発売されたたPlayStation2用のアクションRPGが『ドラッグ オン ドラグーン』です。ワラワラといる敵を倒していく「無双系」のアクションで、プレーに関しては何の問題もありませんでしたが、最終的に到達する複数のエンディングはどれも救いがなく、賛否両論でした。

主人公は仲間やドラゴンと協力して世界を破滅から救うために奮闘しますが、あるエンディングでは妹が死に、あるエンディングでは世界が異形の存在で埋め尽くされて終了。揚げ句の果てには「東京上空にワープして戦闘機に撃墜される」というすさまじいエンディングもありました。

●『アークザラッド』(ソニー・コンピュータエンタテインメント)

PlayStation黎明期の1995年に発売され、大ヒットしたRPG。勇者である主人公は邪悪なるものから世界を守るために戦う、というまさに王道のストーリーです。ただ、エンディングがすっきりしません。ボスを撃破後、主人公たちは敵の策略にはまり国王殺しの犯人にされてしまいます。

普通ならここから大逆転の物語の始まりですが、なんとこれで終了。もちろん次回作への布石ではありましたが、何も知らないプレーヤーはポカーンです。ちなみに続編のエンディングも納得のいかない終わり方でした。

●『ニーア・レプリカント』(スクウェア・エニックス)

2010年にPlayStation3で発売されたアクションRPG。主人公は謎の奇病に苦しむ妹を救うために、異様な怪物の襲撃やさまざまな困難を乗り越えますが、迎えるエンディングの中には「マジかよ」と納得のいかないものも……。

それが俗に「Dエンド」と呼ばれるもの。このエンディングを迎えるには「自らを犠牲」にしないといけません。これはキャラクターが犠牲になるのではなく、「セーブデータ」そのものを消すことなのです。まさかの斬新なエンディングに多くのプレーヤーが驚き、「消す必要はあるのか!」と納得いかない人が続出でした。

●『サガ フロンティア』(スクウェア・エニックス)

1997年にPlayStationで発売された『サガ フロンティア』。サガシリーズとしては7作目に当たります。本作では複数いる主人公の中から一人を選んで物語を進めることができますが、そのうちの一人の「ブルー編」のエンディングが「納得いかない」と有名です。

ブルー編の終盤、ついにラスボスと思しき存在とバトルになりますが、決着の瞬間に画面が停止。セピア色になり「THE END」の文字が登場して終了です。予想外の終わり方にバグが発生したと思う人も続出しました。「この後どうなったかは想像に任せる」ということらしいのですが、唐突すぎました。

救いのない悲しいエンディングのものから斬新な終わり方をするものまで、5つピックアップしてご紹介しました。「何でもかんでもハッピーエンドはつまらない」という人もいるかもしれませんが、暗い気分で終わるのはやっぱり嫌ですし、納得した終わり方の方がスッキリしますよね。他にもこうした「納得できない終わり方」というゲームは数多くあります。みなさんはどんなゲームの終わり方が納得できませんでしたか?

(中田ボンベ@dcp)

https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/4509/outline
2:2016/09/03(土) 21:43:06.14 ID:
たけしの挑戦状がない
続きを読む

【コラム】ゲームバランスが崩壊?! ゲームに登場した強すぎる武器8選


0906224

1
:2016/08/19(金) 17:58:20.78 ID:
マイナビ学生の窓口
RPGにはさまざまな武器が登場しますが、中にはゲームバランスを崩壊させるような武器もあったりします。あまりにも高い攻撃力を持つ武器や、使い勝手の良すぎる武器、また簡単に手に入る上に強力などさまざま。今回は、こうしたゲームバランスを崩壊させるようなぶっ壊れ武器をピックアップしてみました。

●ザイテングラート(ファイナルファンタジーXII)

『ファイナルファンタジーXII』のインターナショナル版に登場した弓。攻撃力は224と作中ぶっちぎりで、アビリティや魔法の組み合わせによっては、隠しボスも一撃で倒すことが可能なぶっ壊れ武器でした。非常に低確率で出現するトレジャー(宝箱)から、さらに数%の確率で出現するもので、入手するには相当な運が必要でしたが、後に必ず入手することができる裏ワザが発見。ゲーム史に残るバランスブレーカーとなりました。

●エターナルスフィア(スターオーシャン セカンドストーリー)

武器のカスタマイズをすることで入手できる主人公専用の武器で、攻撃力は1,600。この数値以上の攻撃力を持つ武器は他にも登場しますが、攻撃した際に複数追加ダメージを与えることができる特殊効果があり、これが強力でした。追加ダメージを与えると敵がのけぞって再度攻撃しやすくなり、これを繰り返すだけで一部の敵を除き楽に撃破可能。やり方次第でかなり序盤に手に入るのもバランス崩壊要素です。

●チェーンソー(魔界塔士Sa・Ga)

一定確率で相手を一撃で倒す武器。自分の攻撃力と相手の防御力が高いほど一撃で倒すことができる武器で、どんな相手だろうと理論上は一撃で倒すことが可能です。もちろんラスボスもチェーンソーにはあらがえません。むしろラスボスは作中最高の防御力を誇るため、攻撃力の高いキャラで使えば一撃でおしまいでした。普通に店売りされているので容易に入手可能ですが、とんでもない壊れ武器でした。

●咎人の剣"神を斬獲せし者"(ヴァルキリープロファイル2)

セラフィックゲートという高難度のダンジョンを一定回数クリアすることで手に入る武器。攻撃力は1万と、本作の他の強力な武器の何倍もの数値を誇ります。しかしこの武器には与えるダメージが一定ではないという特殊性能があり、相手を一撃で倒すようなダメージを出した後にポンコツなダメージを出すなど非常にピーキーな性能でした。いろんな意味で壊れ武器といえるものです。

●ペンシルロケット20(MOTHER2 ギーグの逆襲)

店で購入することができるアイテム。一度使うとなくなってしまいますが、敵に2,000以上のダメージを与えることができ、雑魚や一部のボスを一撃で倒すことができる恐ろしい性能を持っています。これを買い込んでおけば、基本的にはサクサクと進めることが可能です。これの安価版の一つである「ペンシルロケット5」も手軽かつ強力で、中盤にお世話になった人も多いでしょう。

●覇弓レラカムトルム(モンスターハンターポータブル2nd)

『モンスターハンターポータブル2nd』で初めて登場した「覇弓レラカムトルム」は、攻撃力が300と、弓としては破格の数値。その上「強撃ビン」というダメージを増加させるオプションを装着することも可能で、どんなモンスターでもこの武器で容易に倒せてしまうほど高性能です。次回作以降、バランス調整されてどんどん弱体化していきますが、この作品での壊れっぷりはすさまじいものでした。

●ツィーゲライフル(フロントミッション)

中盤のマップで、ある特定の位置へ移動することで入手できる武器。作中最高クラスの攻撃力を持ち、敵ヴァンツァー(ロボット)のパーツを一撃で吹き飛ばすことができました。また、攻撃力だけでなく入手経験値を増加させるという能力も備えており、攻撃するだけでどんどんレベルがアップしていきます。中盤で手に入る武器としては、完全にゲームバランスを壊すレベルのものでした。

●メタルキングの剣(ドラゴンクエストV)

作中に登場する全ての武器の中で最も高い攻撃力を持つ剣。カジノで5万枚のコインと交換することで入手できます。そのため、初めてカジノに行くことができる中盤でもうまくやれば入手することが可能。運次第では複数本入手でき、スライムやスライムナイトなどの装備できるモンスターを複数仲間にして装備させれば、完全にヌルゲーと化しました。

ゲームに登場したぶっ壊れ武器をピックアップしてみました。他にもFFシリーズだと「VI」の「バリアントナイフ」や「V」の「チキンナイフ」も壊れ武器だといわれていますね。皆さんは、どんな作品のどの武器が「ぶっ壊れ武器」だと思いますか?

(中田ボンベ@dcp)

https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/39898/outline
2:2016/08/19(金) 18:02:33.93 ID:
ムラマサブレードが出てない
続きを読む

【衝撃事実】漫画「孤独のグルメ」でずっと謎だった「あいつあの目……」の意味が判明

1:2016/08/04(木) 18:58:41.16 ID:
漫画「孤独のグルメ」には、伝説的なストーリーがひとつある。主人公の井之頭五郎が食堂に入る「東京都板橋区大山町のハンバーグランチ」というエピソードだ。

・店主と格闘系のバトル
あまりにも店主がバイトの中国人に厳しくしていたことから、五郎が不愉快に思い、店主に文句を言う。しかし店主と格闘系のバトルになり、中国人バイトが「それ以上行けない」と止めに入る流れだ。

・どんな心情を持って出たセリフなのか
その直後、五郎は「…あいつ…あの目」というセリフを言い、その真意を語らぬまま「あ…いかんなあ…こんな…いかんいかん」という最後のセリフに繋がる。読者の間で「…あいつ…あの目」はどんな心情を持って出たセリフなのか、ずっと議論され続けてきた。

・真意がわかるセリフの存在
しかし、その答えが判明したのである。それはドラマCD版「孤独のグルメ」によって判明したもので、五郎が「…あいつ…あの目」のあとにその真意がわかるセリフを吐いているのだ!

・漫画版
店主「痛っイイ」「お…折れるう~~~」
中国人「あ! やめて」「それ以上行けない」
五郎「……」
五郎「はぁ」
五郎「…あいつ…あの目」
五郎「あ…いかんなあ…こんな…いかんいかん」

・ドラマCD版
店主「痛っイイ」「お…折れるう~~~」
中国人「あ! やめて」「それ以上行けない」
五郎「……」
五郎「はぁ」
五郎「…あいつ…あの目」
五郎「なんであんなに悲しそうな目をするんだ」
五郎「あ…いかんなあ…こんな…いかんいかん」

・あまりにも悲しい目だったため
五郎は中国人バイトがあまりにも悲しそうな目をしていたので、「…あいつ…あの目」というセリフを吐いていたのである。

読者の間では「せっかく助けたのにあの目は何だ!」や「あいつ涙目になってたな」「まつ毛が長いな」「カワイイつぶらな瞳だな」などの憶測があった。

http://buzz-plus.com/article/2016/08/04/kodokunogurume-manga-anome/



5:2016/08/04(木) 19:04:38.49 ID:
店主に散々な扱い受けるわ客が店主と喧嘩始めるわそりゃ悲しくなるわな
続きを読む

【アニメ】TVアニメ「信長の忍び」10月より放送開始!!

1:2016/07/11(月) 18:22:58.91 ID:
TVアニメ「信長の忍び」10月より放送開始!!



http://nobunaga-no-shinobi.com/info.html

アニメ「信長の忍び」第0話
2:2016/07/11(月) 18:24:31.21 ID:
これは期待できるな、原作面白いし
続きを読む

相手を破壊するまで戦う超過激なロボットバトル「BattleBots」で屈指の名勝負が繰り広げられる

1:2016/07/11(月) 16:49:15.01 ID:
アメリカのABCテレビネットワークで放映される人気番組「BattleBots」で、見る者を圧倒させる名勝負が繰り広げられました。
自作のバトル用ロボットで相手のロボットを完膚なきまでにたたきのめす戦いは、まるで伝説に残るプロレスの名勝負のような
熱い内容となっています。

Blacksmith vs. Minotaur - BattleBots - YouTube


2016年にバトルを繰り広げているのは32のチームとそのロボットたちです。各チームはチャンピオンを目指し、
トーナメント形式の勝ち抜き戦を生き残る文字どおりの死闘を繰り広げています。


ソース・ギガジン
http://gigazine.net/news/20160711-blacksmith-vs-minotaur-battlebots/
続きを読む
スポンサードリンク
最新記事(画像付)
楽天市場
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング(7日間PCのみ)
管理人へのメッセージ♥

管理人にご用の方はこちらからどうぞ。 RSSや相互リンク、ランキング登録などのお問い合わせも。

名前
メール
本文

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ



LINE読者登録QRコード