松重豊

松重豊、うまい餃子を求めてシベリアへ TBS『松重豊の大シベリア5000キロ~日本人が知らない餃子ロード~』

1: 顔無しさん 2017/06/29(木) 18:49:25.94 _USER9
http://www.oricon.co.jp/news/2093264/full/
2017-06-29 15:24

俳優の松重豊が29日、都内でTBS、RKB系紀行番組『松重豊の大シベリア5000キロ~日本人が知らない餃子ロード~』(7月16日、後4:00)の取材会に参加。
6泊10日の過酷なロケの末、ロシアのイルクーツクでおいしい餃子に出会ったことを明かした。

近くて遠い国・ロシアが餃子天国であることを知った松重が「幻の餃子」を求めてブリヤート共和国まで行くという番組。
自身を代表する番組の『孤独のグルメ』で下町のおいしい餃子を追い求めている松重が番組の垣根を越え、日本を飛び出してシベリアまでたどり着いたことになる。

ロケを3日前に終えたばかりの松重は「ロシアは隣の国ですけど広い。10日いたんですけど、6泊10日で3泊は機内泊。シベリア鉄道も見るといい旅に見えるけど、気温36度で冷房なしの車内。
食堂車もない車両だったので何にもない。ぬるい水を売っているだけだった。移動では過酷なスケジュールだった」と振り返っていた。

グルメに対するこだわりも遂行した。「『孤独』の番組をやっているときも、おいしい店があったら、もう1回行くようにしている。今回は(ロシアの)イルクーツクという都市にママがやっているものすごくおいしいお店があった。
小籠包と餃子の中間ぐらい。どのロシア人も汁をジュルジュルって言わせている。その肉汁と皮が絶妙なバランスが素晴らしかった。帰りにイルクーツクにトランジットしたときに、もう1回寄ってくれって言いました」とおいしい出会いを回想していた。

ただ、シベリアで餃子を追い求める旅を終えた松重は「10日間、ロシア国内にいて、いろんな餃子を食べたんですけど、日本の餃子が一番うまい」と苦笑いで、ぶっちゃけた。
「日本の餃子は完成度が高い。日本のビールで日本の餃子が食べたいという思いが、おとといマックスまでいきました。きのう、買いましたよ。作る元気がなかったので」と素直な感想を明かした。
続けて「日本の餃子はうまいです。皆さん、それを肝に銘じて食べていただきたい」と呼びかけ、報道陣を笑わせていた。

no title

no title

no title


引用元: http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498729765/

続きを読む

松重豊「え?飯を食って独り言を呟くだけでいいんですか?」

87556dc2f63205b3746d43746257e97d20150929213845648

2: 顔無しさん 2017/06/05(月) 11:23:26.52
松重豊「おっさんが飯食うだけの番組誰が見るんや…」

引用元: http://hawk.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1496629373/

続きを読む

松重豊『孤独のグルメ』は“黒歴史”だと思っていた!?

1: 顔無しさん 2017/04/12(水) 13:16:12.14 _USER9
4月6日放送のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(TBSラジオ)に俳優の松重豊(54)がゲスト出演。
人気テレビドラマ『孤独のグルメ』(テレビ東京系)で主役の井之頭五郎役を受けたとき、
「プロフィールの汚点になる」と思っていたと語り、伊集院光(49)や柴田理恵(58)らを驚かせていた。

この日は『孤独のグルメ』の第6シーズンの放送スタート前日で、伊集院にドラマがヒットしたことについて聞かれると、
松重は「原作も単なるオッサンが食べてるだけで、別に何か物語があるわけでもないし、事件が起こるわけでもないんで……」
「“本当に淡々とやりますけど、いいんですか?”ってことで、“何もやらないですよ”っていうスタンスだった」と話した。
さらに「はたして、視聴者っていうお客さんがつくかどうか本当に分からないし、
たぶん、僕の中でも、プロフィールの汚点になるだろうなって思って(いた)」と打ち明けると、伊集院は大笑いしていた。

松重は『孤独のグルメ』は「夜中に飯食ってる番組やってたよね?」とか、「一人で飯食って何が面白いの?」と言われるような、黒歴史ドラマになると予想していた。
しかし、ジワジワと人気が出てきて、地方に行くとお年寄りから、「あの、夜中に食べてらっしゃるの、またやらないんですか?」などと言われるようになり、
「ああ、この番組、別に必要とされていないわけじゃないんだなあ」と思ったという。また、アジアやヨーロッパでも人気が高まり、
松重は「中国の観光客が片言で僕に向かって来るんですよ。よく聞くと、“食べる番組見てる。
まさか日本に来ておまえに会えるとは思ってもみなかった”みたいなことを言ってるんです」とドラマの影響力を実感していた。

次に柴田から食べ方がきれいだと褒められると、松重は「大学は演劇学専攻で、芝居を4年間みっちり勉強したけど、食べ方なんて、
一つも教わってない」「食べ方がいいとかって言われても、訓練や努力してきたわけではない」と言い、さらに「きれいに食べようとか、最初から思ってなかったです。
パスタでも多少音を立ててでも、おいしく食べられればいい。だから、がっついて食べているから、“これ汚いから、なんか受けつけない”って思う方がいてもいい」と持論を述べた

http://dailynewsonline.jp/article/1299653/
2017.04.12 07:00 日刊大衆

2: 顔無しさん 2017/04/12(水) 13:16:38.19 _USER9
今までで本当においしいと思った店について、伊集院に聞かれると、松重は小さな店で撮影することが多いため、客が殺到する放送前に「ここは行ったほうがいい」と知り合いに教えることがあると告白。 
そして松重は妻と「放送前に行って復習している」と明かしたが、「放送前に(店名を)バラしたらまずいことになる」と、店名を出すことはしなかった。 

また、ドラマの撮影ペースについて伊集院に聞かれると、 
「撮影は食べる日と街歩きの日に分かれていて、食べる時間は午後2時、3時ぐらいなんで、前日からご飯を少しずつ抜いている」 
「空腹がいい調味料になる」と言い、さらに「あくまでも主役は出てくるメニューですからね。 
そこを引き立てるためには、どういうふうに食べて、主役を盛り立てていけるかってことを、ずっと考えてます」と語っていた。 

「原作漫画の作画を担当していた谷口ジロー氏が先日亡くなり、これで新しい漫画が描かれることはなくなりましたが、 
ドラマはおいしい店と松重の食欲があれば、今後も続きそうですね」(テレビ誌ライター)――深夜の”飯テロ”は、まだまだ続く!
続きを読む

松重豊「孤独のグルメ Season6」4月7日放送開始!「あれから5年、ちょっと胃拡張になったようです」

1: 顔無しさん 2017/03/01(水) 16:44:34.60 _USER9
http://eiga.com/news/20170301/3/
2017年3月1日 06:00

松重豊が主演を務める人気ドラマ「孤独のグルメ」の第6シーズンが、4月7日から放送されることが決まった。
12年から放送を開始した同シリーズ。2月18日に無事クランクインした松重は、長年“食べまくる”役どころを演じてきただけに「あれから5年、ちょっと胃拡張になったようです」とコメントを寄せている。

「孤独のグルメ」は、松重扮する主人公の井之頭五郎が、仕事の営業先で見つけた食事処にふらりと立ち寄り、食べたいと思ったものを自由に食す至福の時間を描いたグルメドキュメンタリードラマ。
テレビ東京金曜深夜の人気ドラマ枠「ドラマ24」の作品となり、4月に同シリーズを放送するのは初めてのこと。
五郎のホームグラウンドである都内の飯屋が続々と登場し、彼が地方出張に訪れるお馴染みの展開も健在だ。

原作者・久住昌之氏は「『孤独のグルメ』を始めて、とうとう5年が経ちました。ビックリです」と喜ぶ一方、2月11日に亡くなった原作コミックの作画担当・谷口ジローさんへ哀悼のメッセージを送っている。
「谷口さんがこれほどまでに緻密に、繊細に、美しく描いてくれたからこそ、『孤独のグルメ』はこれほど長いこと、多くの人々に読んでもらえ、ドラマも愛されているのです。原作者としては感謝の念しかありません。
穏やかで優しいけれど、決して妥協の無い仕事をし続けた人でした。『孤独のグルメ』の新作マンガがもう読めないと思うと、原作者本人としても、本当にさびしいです。ご冥福をお祈りします」と胸中を吐露している。

同番組のプロデューサー・川村庄子も久住同様に「谷口さんの果てしなく広がる画の世界観をドラマは映像の中に追い求めてまいりました。
『孤独のグルメ』で何かもっとご一緒にできることがあったのではないか、と自分に対して悔しい気持ちもあります」と語りつつも、
キャスト&スタッフ総出で「これからも『孤独のグルメ』という宝物を大切に育ててゆきます」と決意を新たにしている。

「孤独のグルメ Season6」は、テレビ東京系で4月7日から毎週金曜深夜0時12分より放送。

no title

3: 顔無しさん 2017/03/01(水) 16:45:46.56
見てると腹が減る

続きを読む

【テレビ】異例のヒットドラマ『孤独のグルメ』低予算の裏側

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/03/23(水) 08:36:50.05 ID:CAP_USER*.net
テレビ東京の深夜枠ドラマで異例のヒットとなった「孤独のグルメ」シリーズ。
昨年末に終了したSeason5では深夜帯でありながら視聴率5%(※ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録するなど大きな話題となった。
しかし、そんな人気ドラマでありながら出演者のギャラをはじめ製作費がとてもリーズナブルという点も注目を集めている。
そんな低予算の秘密はどこにあるのか。他のドラマと比較してみると大きな違いが明らかになった。

ドラマ製作費の中身とは

「孤独のグルメ」は松重豊(53)演じる井之頭五郎が商談で出向いた各地で食事をするという30分の連続ドラマ。
実際に取り上げる店も気取った高級店ではなく庶民的な店ばかりなので、“五郎セレクション”をそのまま真似して
注文するユーザーがブログなどのSNSにアップして多角的に楽しめるのも人気の秘訣となっている。
ドラマ内で映し出される場面は商談、店探し、食事の3つにほぼ限られ、全て訪れた先の設定なのでオールロケとなっている。
ここが低予算のポイントになっているという。

「『孤独のグルメ』の制作費はなんと1本200万円前後という異例の安さ。
撮影はすべて実際に存在するお店で行われているので、セットを作る費用が必要ない。
ここで大きな経費削減となっている。一般的な1時間ドラマの製作費は3000~5000万円で、
大河ドラマや大物出演者が集まるドラマは6000~8000万円とも言われているから、その低予算が際立っています」(テレビ番組制作会社ディレクター)

ドラマといえば気になるのが出演する俳優のギャラだが、ここでも低予算は徹底されているようだ。

「メインキャストの松重豊さんの1本あたりの出演料は35万円。
北野映画の常連で、キムタクの『HERO』など月9ドラマにも出演する大物俳優にしてはあり得ない安さです。
それでも現場では文句ひとつも言わずにプロの仕事に徹している松重さんは立派の一言ですね」(前出・ディレクター)

『孤独のグルメ』の人気の高さは主人公・井之頭五郎の食べっぷりの良さにある。
それだけにギャラの高い人気俳優をキャスティングする必要もなく、また豪華なセットも必要ないということか。
それだけにドラマ人気をひとりで背負う松重の負担は増すばかりである。
今後も人気シリーズの存続を願うファンなら、どうか松重のギャラアップを実現してほしいと願うばかりだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160323-00010000-dmenueiga-movi
dmenu映画 3月23日(水)8時30分配信

no title

no title

no title

no title

no title

no title

続きを読む

松重が孤独のグルメで胃を酷使した結果www


CXuFXiHUkAA5eLL

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 11:37:42.07 ID:t4p3BsWI0St.V.net
ギャクリアって胃薬CMに出られたンゴ・・・
no title

続きを読む

松重豊「孤独のグルメ、ですか…?」


3ce9ef70

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/25(金) 11:38:27.82 ID:VBghCAz3dXMAS.net
松重豊「変なコンセプトのドラマやなぁ
おっさんが飯を食うだけのドラマなんて誰が見るんや…まあ、三文役者の俺には相応しい役やな」

3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/25(金) 11:40:48.93 ID:ffX4O07F0XMAS.net
アウトレイジ2の時のたけし「ゴローちゃん、飯食うシーン入れようか?」
続きを読む

テレ東「孤独のグルメ」でブレークした松重豊の孤独な悩み



6ba255c2fddee62da67e6d2dd1f09df5



1: 忍次郎 ★@\(^o^)/ 2015/12/03(木) 13:33:51.46 ID:CAP_USER*.net
いまやテレビ東京の看板番組となった「孤独のグルメ」(金曜深夜0時12分~)に出演する松重豊(52)の悩みが判明した。 
ドラマとグルメをかけ合わせたような番組はすでにシーズン5に突入し、その人気はいまだ健在。番組をきっかけにCMにも複数登場し、 
脇役から主演俳優となり、誰もが知るおじさんとなった芸歴28年の松重のリアルな私生活、番組の秘話とは――。 

「脇役としてあらゆる作品で顔を見かける松重ですが、その多くがこれまでは悪役だったんです。 
そんな松重が『孤独のグルメ』では味のある、とぼけた演技で人気を博して大ブレークした。実に皮肉な話です」(制作プロデューサー) 

 番組では下戸の大食漢、井之頭五郎を演じているが、素顔は真逆だという。 

「番組とは違って、お酒は大好きで毎日、晩酌は欠かせない。小食で一日一食主義。だから『孤独の――』の収録は大変なことになるんです。 
視聴者には伝わりにくいかもしれないですが、松重さんは出された食事はすべて実際に食べ、しかも完食している。 
好き嫌いなどは一切なしで、ガチンコで食べている。 
そのためにロケの前日から何も口にしないで空腹の状態で現場入りする。さすがベテランですよ」(制作関係者) 

 そんな松重のひそかな悩みが体重増だ。 
( >>2 以降に続きます ) 

東スポWeb 2015年12月03日 10時00分 
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/479052/

2: 忍次郎 ★@\(^o^)/ 2015/12/03(木) 13:34:10.18 ID:CAP_USER*.net
( >>1 からの続きです ) 
「そんな食事の仕方をしたら太るに決まっています。しかし、長身でスマートな体形がウリの松重さんだけに 
『番組で太ってしまった』とは絶対に口にできない。そこで始めたのが“松重式ダイエット”。 
犬の散歩や腹筋運動、時間に余裕がある時は収録後、カロリー消費のために、必ず歩いて帰宅する。 
しかも、1キロ歩くごとにヨガのポーズ、戦士や木のポーズをして脂肪を燃焼しやすくしているそうです。これを見かけたらレアですよ」(関係者) 

 松重のこうした努力のかいあって、番組視聴率は5%前後をキープする好調ぶりだ。 

「深夜の5%というのは快挙ですよ。ゴールデン&プライム帯に換算すれば視聴率は10~15%近い番組になる。 
たとえば、1本当たり5000万円をかけて制作するフジの篠原涼子の主演ドラマ『オトナ女子』などは視聴率9%程度ですからね。 
コスパ(費用対効果)としてはウハウハですよ」(制作関係者) 

 しかも「孤独の――」の制作費と松重のギャラを聞いたら2度、驚く。 

「総制作費は1本あたりわずか300万円弱なんです。基本、オールロケで美術セットも必要ないですし。しかも松重さんのギャラは30万円ほど。 
他の出演者も、エキストラなどを含めて計20万円ほどですからね」(関係者) 

~続き・詳細 は >>1 内記載のソースをご覧ください~
続きを読む

「おっさんが飯食ってるだけ」のドラマ『孤独のグルメ』は、なぜ大絶賛されるのか


index_lv_season4

1: 忍次郎 ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/08/26(水) 23:54:46.80
 ドラマ『デスノート』(日本テレビ系)や、現在公開中の実写映画『進撃の巨人』など、
マンガ原作の実写化には批判がつきものだが、まるで批判を受けない作品もある。『孤独のグルメ』(扶桑社)が、まさにそう。
このたび、同作のドラマ第5期となる『孤独のグルメ Season5』(テレビ東京系)の放送が決定したが、
「楽しみだわ」「また夜中に見て、食うか食わないか悶々とする日々が!」など、歓迎するファンばかりだ。

 1994年?96年にかけて「月刊PANJA」(扶桑社)で連載された『孤独のグルメ』。
2008年より「週刊SPA!」(扶桑社)にて不定期連載が再開。刊行された文庫版・新装版はいまだ売れ続け、累計58万部を超える大人気作である。
またフランス語、スペイン語など9言語に翻訳され、その人気は海外にも及ぶ。
物語はというと、料理のうんちくを述べるのではなく、ひたすら主人公の食事シーンと心理描写を綴り、
ドキュメンタリーのように淡々とストーリーが流れていく、一風変わったグルメマンガだ。

 同マンガをもとに、12年1月に開始されたドラマ『孤独のグルメ』。
ドラマや映画に名脇役として出演してきた松重豊を主演に迎えた同ドラマは、深夜という時間帯であるにもかかわらず、松重の食べっぷりが視聴者の空腹を刺激。
“夜食テロ”といわれるほどの好評を博した。以降、翌年放送された『Season2』から、『Season3』『Season4』とシーズンを重ねるごとに視聴率が上昇。
そして今年10月、『勇者ヨシヒコと魔王の城』『みんな!エスパーだよ!』など、
数々の人気ドラマを輩出してきた「ドラマ24」の10周年記念作品として、『孤独のグルメ Season5』の放送が決定した。
>>2 以降に続きます )

BIGLOBEニュース|おたぽる8月26日(水)15時0分
http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0826/ota_150826_7099660404.html

2: 忍次郎 ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/08/26(水) 23:55:05.88
( >>1 からの続きです ) 
 さすがに第5期ともなれば「もういいよ」という声も聞こえてきそうなものだが、そういった声は一切上がらず、 
「おっさんが飯食ってるだけなんだけど、面白いんだよね」「断食中でもこれは絶対見る」「憎たらしいほど旨そうに食うんだ、これが」など、ファンは大喜び。 
中には「夜中まで食べずに、松重さんと一緒のタイミングで食べる!」という猛者も見られる。 
マンガ原作であるにもかかわらず、なぜこうまで支持されるのだろうか。 

「そもそも原作を読んでいる人が少なく、マンガがもとになっているというのを知らなかった人が多かったのが大きいです。 
主人公や物語に何の思い入れもないから、すんなり受け入れることができたんですよ。 
同じグルメマンガでも、いま『美味しんぼ』や『クッキングパパ』を実写化するとなったら、絶対に否定的な声が上がると思います。 
そういう意味では『食戟のソーマ』なんか、実写にしたら面白いですね。確実に荒れますから」(マンガ誌編集者) 

 また、主演の松重のキャラクターにも、好評の要因がありそうだ。 
「松重豊さんはキャリアも長いのですが、一般的な知名度は低かったんです。 
見れば“この人か”と分かる人はいても、(『孤独のグルメ』が放送されるまでは)よほど邦画が好きな人でないと名前まで出てきませんでした。 
そんな松重さんを起用したのは見事です。予備知識がなかったため、見る人がすっと主人公に当てはめられたのだと思います」(ドラマライター) 
『孤独のグルメ』は、良い意味でマンガも俳優も地味だったため、批判を浴びることなく受け入れられたということだろう。 

~続き・詳細 は >>1 内記載のソースをご覧ください~
続きを読む
スポンサードリンク
管理人の心の声♥
明日退院しまーす
最新記事(画像付)
楽天市場
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング(7日間PCのみ)
管理人へのメッセージ♥

管理人にご用の方はこちらからどうぞ。 RSSや相互リンク、ランキング登録などのお問い合わせも。

名前
メール
本文

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ



LINE読者登録QRコード